2007年11月22日

ポチッとしてくださいな

http://blogs.yahoo.co.jp/sleepyhead723


説明不足でしたが、もっと写真をアップしたいので、ブログを移動します。
今後ともよろしくお願いします!
posted by Sleepyhead723 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | news! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

名古屋名物その1

215987623306_0_BG.jpg 

今回の帰国は名古屋での滞在が中心だったので、

名古屋グルメを一巡した。

まずは、大須観音にある名古屋名物その1、「納屋橋まんじゅう」の喫茶室。

若者が多く訪れるようになったとは言ってもまだまだ古い風情の残る大須。

その代名詞ともいえるような店内。

しかも平日のお昼なんかに訪ねたのでお客さんはぱらぱら程度。

でも、寒くなってきたとはいえ、くずもちは本くずが使用されていて

格別だった。

515987623306_0_BG.jpg

そして冬といえば、ぜんざい!のぜんざいも甘めでほっとできる味だった。

日本に帰っていきなり、これだったので、

さらに美味しく感じたんだろうな。

ちなみに「納屋橋まんじゅう」はもともと、小さくてシンプルなじょうよ饅頭なのだが、それをまるごと揚げたお菓子なんかも売っていた。

また、さらなる名古屋名物、さつまいものみで作る素朴な鬼まんじゅうなるものも売っていて、美味しそうだった。

せっかく大須に来たのだから、やたらと多いお好み焼きを食べるべきだったのだろうが、今回は甘いもので満足したので断念。

それにしてもここのブラジル系の勢いはすごい。

久しぶりに日本に帰った私にとって、和洋、新旧入り混じる大須はなんだか不思議な気持ちになった。

ある意味これがいかにも日本なのかもしれない。

posted by Sleepyhead723 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

ただいまはどっちかな

DSC02172.JPG

あっという間だった
10日間。

めちゃめちゃ楽しくて、あったかくて、うれしくて

ちょっと切なくて、感動した10日間。

 

食べ飽きることは無く食べ足りないものばかりで

かといって栄養だけはしっかり蓄えた。

運動をしないので、のちに少しずつ脂肪へと変わります。

 

今回のメインの目的は親友の結婚式。

めちゃめちゃきれいで、幸せそうで

帰って参加できて本当によかった。

ちょっと恥ずかしそうで、でもきらきらした花嫁さんは

それでいて、私の知っている彼女とちっとも変わらないんだから

人生長く生きているのも悪くないものだ。

 

実に強硬なスケジュールだったけれど、東京の友達や恩師も訪ねられた。

みんなすごくがんばっているようで

たくさんたくさん励まされて

ぐぐっとなった。

私もがんばらなくちゃ。

 

また細かい話は今度。

posted by Sleepyhead723 at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月19日

ごちゃまぜ

P1060259.JPG

ちょっとひさしぶりなってしまったなと思ったら
最後の記事から一ヶ月たっていた!

ここへきて、また周囲が、というか私が騒ぎの元凶なのかもしれませぬが

やたらと騒がしく、

おもしろおかしくもあり、悲しくてつらいこともあり

ごちゃ混ぜの感じです。

ついでにオフィスも改装したり、

自宅のアパートでも引越しがあったりと

文字通りごちゃ混ぜなのです。

そんなわけで

そんなまま、日本への一時帰国も決まり、

楽しみなわけですが、

すでにまたここへ帰らなければならんのじゃなあと思うと

切なくもあります。

まあ、そんなことはともかく置いておいて、

羽伸ばししたいなー。楽しみです。

11月の頭に日本にいますので、皆様遊んでくださいませ。

posted by Sleepyhead723 at 16:45| Comment(4) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

ホームシックってやつ

自分のことはつくづくわからんものだなと思います。
それがいいことなのか悪いことなのかは置いておいたとして、
ひとからいわれてはっとするなんてことばかり。
気づきってやつです。
そっちのほうが大事かなって思うわけです。
例えば先日、わたしはどうやら極度のホームシックとやらにどうやらかかっているらしいことが
判明したわけですが、
毎日なんだか気分の悪い日が続いていたものの
いわれるまで、ぴんとこないでいました。

それはたべものについてであり、人間についてであり、
文字についてであり、情報についてであるわけですが、
そこには言葉にならないすっぱい思いが詰まっているわけです。

料理も、写真も、書くことも、描くこともやめてしまって
わたしはすっかりホームシックだったなんて
なんだかおかしいようなお話ですが、
本人にしたらこれまた大まじめなわけで
そこが何よりも哀しいことなのでしょう。

かといって、「気づいた」今、
さてどうしましょうか。
とりあえずは落ち着かないと。

でも、帰りたくても帰れない場所というのが
結局のところふるさとなのかもしれない。

そんなことをひとごとのように思ったりもするわけです。


そうだ、ぜんぜん関係ないけれど
友人に赤ちゃんが生まれたそうです。
おめでとー。
なんてすごいんでしょう!
私達はお互いを7歳くらいから知っているのにね!

posted by Sleepyhead723 at 00:17| Comment(2) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

おひさしう

ありえないくらいのご無沙汰でございます。
忙しかったというのはただの言い訳にすぎず、
少ないながらも読んでくださっていたおともだちにもきっと愛想を付かされていることと思われまするが、
この間、
頭爆発パーマをかけたり、
パソコンを再インストールし
さらに車上荒しにあい、それをカメラとともにごっそり盗まれてしまったり、
車の運転を始めて
そんでさっそく思いきりぶつかり後部ガラスを割り、自腹で直すはめとなるという失態をやらかしたりと
まあ、極めて前向きにいえば話題の尽きない毎日ではありました。

そんなわけでまたゆっくりと書いてみようと思ってます。
これからもよろしくおつき合いくださいませ。
p1060675.jpg
posted by Sleepyhead723 at 23:54| Comment(4) | TrackBack(0) | thoughts | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

ワンダフルワールド

今日はこんなにうれしい日のはずなのに
どうして腹を立てて
ひとを避難してしまうのだろう

こんなに空は高くて青いのに
どうして真っ黒なマントを纏って
うつむいて歩くんだろう

こんなに素敵なリズムがあるのに
どうして音を消して
耳を閉ざしてしまうんだろう


すべては素直でない自分の心に気がついていないから
そいつも含めて自分なのに
自分の弱い部分は決してみようとしないで
隠してばかり
だからつらくてつらくて
そのうちに抜け出せない闇の世界に

そこはさびしくて、真っ暗で
でも一人だけだから自分勝手にできて
甘えられて
自分をあわれむことができるから
そこにいるうちに居心地がふとよくなって
そのうちに抜けられなくなるんです



ある日それもぜんぶ自分だって気がついたら
楽になったんだ
演じなくてもいい自分
ありのままでいい

そう、そのままでいいから

絶対肯定。
そんなことを思い出させてくれるのが
生まれた日を祝う日なのでしょう

みんなありがとう
ありがとう
posted by Sleepyhead723 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

瞬間













ふと考える。


わたしをここまで運んできたのはなんだろうと。


自分の意志だなんて、どのくらい強く言えるだろう。





本当は恐ろしいくらい大きな運命というものにつき動かされている。





忘れてしまうことも


思い出すことも


わたしがわたしとして行動し、考えることができると思うその瞬間瞬間は


いったいどのくらい確かなものなんだろう。





でも、そんなことを考え始めると


自分の人生とか言動に責任が持てなくなってくる。


どうせどんなことをしても


もう自分の生きる道は決まっているんだろう、と。





自暴自棄ともすこし違うし、


そうなってしまうのはよくないし、そんなに簡単なものではないのだろうが、


要は自分に対する距離の取り方で


バランスを持ってそれを行わなければ


たちまちことは立ち回らなくなる。


すくなくとも精神は壊れる。





じゃあさ、どうすればいいのよ。





自分がここまでなった経緯なんてとても説明できないし、


よく生きてるなーなんて思うこともある。





そこまでして生きる、のか。





しんどいなあ。








でもさ、そんないやなことばっかりなのかなあ。


この世は果して地獄か楽園か。





生きていたらうれしいこと


喉が渇いて、水を飲んで癒されるその幸せ。


花を見掛けて、きれいだなと思う瞬間。


そういうのをちょこっとずつ溜めていくわけ。


噛みしめてみるわけ。





ね?


悪くないでしょ?





そうかなあ、そうだよね。





はじめはちょっと疑心暗鬼。





でもそのうちになれてくる。


毎朝出会ったひとに笑顔で挨拶をする。


「わたしは幸せだ」といってみる。





ほら、悪くないおまじないだ。





いいことばっかりじゃないけど


悪いことばっかりでもない





そうやってちょこっとずつがんばる。





それぐらいのことしかできない気がするなあ。


この偉大な運命という流れの中では。











dsc00145.jpg
posted by Sleepyhead723 at 17:21| Comment(4) | TrackBack(0) | thoughts | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

インド系マレーシアのテ・タレ

 我ながらローカルにすっかり溶け込んだような生活をしていると思うワタクシ。食事の後のお茶だけでなく、週末はともかく平日でも夜中におなかがすくと、いそいそとパジャマを着替えて飲茶に出掛けることにまったく抵抗がなくなってしまった。でも今日はさすがに遠出は面倒だなというときにはこちら。有名なインド系移民の街、ブリックフィールド内にある「シターラム」は店内の顧客層は80%がインド系のローカルの人々なので、店に入っていくと視線を浴びたりして、少々気が引けなくもないのだが、その分、マレーシア文化を垣間見るおもしろい経験でもある。ちなみに二階ではダンスショーなども催されるらしい。

 

また家から近いというズボラな理由だけでなく、この店に通うのには、他のテ・タレよりも紅茶の味が濃くて美味しいからというちゃんと立派な理由がある。もっとも他の店に比べて甘めではあるのであらかじめご了承を。温かい飲み物はだいたいRM1.00から、冷たい飲み物はRM1.50あたりから。

sitatha (4).JPG
 

もうひとつ、ここは料理も美味しい。カレーなどはもちろんのこと、私の飲茶の定番ロティ・チャナイやチャパティーなども、カレーやサンバルなどがついて、だいたいRM1.00からと安価で気軽に楽しめる。いつかメニューのロティのメニューを制覇するのが目下の目標。もう一品はミー・ゴレン。ここのは比較的具沢山だ。熱々がすぐに出てきて、RM3.50で楽しめる。他にも珍しいデザートやチャイニーズベジタリアンのメニューなどもあるので、お試しあれ。

 
posted by Sleepyhead723 at 17:54| Comment(2) | TrackBack(1) | restaurants and cafes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

フィッシュボール

DSCF0095.JPG

ここ最近、すっかりはまってしまってるのがヌードルスープ。フィッシュボールやポークなど、いろ〜んなところで試してます。「どこも一緒じゃ〜ん!」なんて声も聞こえてきそうですが、試してみると微妙に味が違ってなかなか面白いもの。で、最近見つけてたオススメが、天使の髪の麺を使ったフィッシュボールスープヌードルなのでございます。緑の看板がひときわ目立つこのお店のスペシャリティーは、手作りフィッシュボール。ポークも使っていないヘルシーさもうれしいんです。プレーンのものだけでなく、
Hock Chew Ballは中に鶏肉の肉団子の入ったボリュームのあるフィッシュボール。1個RM1.00からオーダーできます。大き目のひとつをぱくっと噛むと中から肉汁がじわっと出てきて口いっぱいに味が広がるんですよ〜。麺類をオーダーしてもプレーンのフィッシュボールと共にちゃーんとのっかってきます。ちなみに麺は平麺クイテウのほか、透明なグラスヌードルスープ(RM4.50)もおすすめ。そして注目したいのは、「特級」と書かれたエンジェルヘアヌードルは、極細の麺。さっぱりとした上品なお味で、癖になっちゃいます。食べやすくってあっという間にぺろり。でもご心配なく。ここは、麺の大盛りは無料といううれしいサービスがあるのです。スープもさっぱりとしているなかにもしっかりと出汁が利いていてこれまた美味しいですよ。

 フィッシュペーストを油で揚げた小皿料理も豊富。こちらのペーストには、大根やにんじん、青ねぎなどの野菜がごろごろ混ざっていて、食感も楽しいんです。春巻きのような形にしてあげたもの、醸腐竹(STUFF FU CHUKRM0.80)は、外はぱりぱり、中はもっちり。湯葉にフィッシュペーストを塗ってうすく揚げたものや、ダンプリングの形をしたもの(各RM1.50)など、みんなでいろいろなものを頼んで、楽しく試してみてね。

漁郷園

Tang House Of Fishball

106, Jalan SS 21/39, Damansara Utama, 47400 Petaling Jaya, Selangor.

Tel: 03-7725 0462

 
posted by Sleepyhead723 at 13:23| Comment(6) | TrackBack(0) | restaurants and cafes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。