2006年08月31日

born in a wrong place

とりとめもなく、

思いや考えの断片化されたものがまるで楽譜の音符のように

つらつらと流れていく。

ひとつひとつがかわいらしい音を持っているけれど、

すぐに消えていってしまうものばかりで、

私はそんなものたちを前にしてどうしていいか分からない。

きらきらと光っているものたちは儚くて、

それ故に愛らしく、

またそれ故に恨めしい。

飾りのいらない、

なんて美しくて危ういものなんだろう。

うっとりといつまでも眺めていたくなる。


どうしてこうなってしまったのかは分からない。

どうしてここに自分がいるのかは分からない。

この道をたどってきたのはたった一人で、

誰でもないこの私なのに。

道筋はいくつにも分かれていて、

どこかの分かれ道で迷って入り込んでしまった

今日の道。

否定はできない、

ただそこにあることを受け入れてあげる。

自分ができるのはそんなことくらいか。

流れていく時間が永遠に思われたのは

いつのことだったんだろう。

遠く遠い昔の私、

実はちっとも変わってなんかいない、

成長のできない自分、

そこが少しもどかしくかわいらしい。



いつからか感じていた違和感。

順応できたと思っていたしばらくの間。

いろんなものがぎずぎず音を立てて

ごまかしが効かなくなって来たとき

はっきりと胸に差し込んでくる痛みは

異邦という匂いからだ。

そう、人は生まれてくる場所を選べない。

けれど、そのあとは自由なはず。

見えない鎖を掛けているのは私。

この私自身なのだから。
posted by Sleepyhead723 at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | poems | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

明日は早起きしなくちゃ。

私のココロはいたく単純構造になっているので、

すべてのものに影響を受けたり、

あやゆる事物や人々に運命的な出会いを感じるのだが、

相変わらず、最近もそうで、

電車の中だろうと、ベッドの中だろうと処かまわず

感傷的な気分になることが多い。



今日もそんな日で、一文に運命を感じて恋に落ち

電車の中で一人どこかへ飛んでいった。

こういう気分は悪くなく、

むしろココロがとても満たされる気がするので、

もっと日頃からサボらずに、水遣りをしておけばよいものなのだが、

最近まったく思考や動作が停止していることも少なくなく、

そして、そんな事実に、こうしてようやく気が付くわけだ。



水遣りは自分しかやってくれるひとがいないんだから

忘れるのは致命的。

ああ、もうちょっとで枯れちゃうところだった。

本気でへこんで、本気で決意をするも、

また忘れちゃうのが人間。

困ったちゃんなので時々しかってください。

この世の中こんなに美しくて素敵なものが溢れているのに、

どうしてそういうことが全部見えなくなってしまうんだろう。

閉じてしまう力はどうしてこんなに強いんだろう。

教えてください、だれか。



でもそれが所詮わからないものなんだとしたら

せめて閉じそうになるのを必死にこらえながら

少しずつ少しずつ薄目を開けて見るしかないんだろな。

閉じてしまうことを知っているほうが、

閉じてしまうことを嘆いているよりは、

きっと少しはハッピーでしょう。



明日は早起き。

美しい朝日が見えるんだろうか。
posted by Sleepyhead723 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | thoughts | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

task-oriented

言われた仕事や課題しかできない人は、つまんないとどこかで思ってた。






でも自分のその一味だったなんて。






それも頭にベリーがつくほどに。







胸の奥がずきっと痛い。







これが自尊心ってやつかな。







こいつも合わせて全部自分なんだな。







--ああ、やっと気が付いてくれたんだね。






今までの自分、ありがとう。







ああ、でも今日だけはそっと泣かせておくれよ。
posted by Sleepyhead723 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | thoughts | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

ラルテミス・ペティアントについての覚書

昨日お友達とランチをしたレストランはとってもよかったです。休日でもビジネスランチがあって、その美味しさとお店の雰囲気の割りにとてもリーズナブルでした。
教えてくれたKやんありがとう!!

私がオーダーしたのはお魚料理のビジネスランチ。

まず、アミューズとして
玉ねぎのポタージュ、
雲丹とゆで卵サラダ、
サーモンとビーンズのカナッペ。

色がまず、白、黄色、ピンクと夏らしくてとてもきれい。

それに、、玉ねぎのポタージュはとっても濃厚な甘みが広がって、バターの風味がきいていて特に美味しかったです。
お友達によると雲丹と卵はあうらしい。なるほど、卵繫がり。そうそう、キャビアといくらとかってよくある(しかし贅沢な)コンビですものね。
あと、私は結構好きだったのが、ぶつぶつの食感が楽しいビーンズの入ったカナッペ。あんまりないのではないかなと思います。

メインはお魚。
黒むつのポワレバジル風味のスープ仕立てでした。
これはお野菜とワルゾという小さなパスタのスープのなかに、皮がこんがりぱりぱりと焼けたお魚が浮いているというものだったのですが、さっぱりしていて、女性にはいいんじゃないかな。
後は、おすすめ料理がほほ肉の煮込みと、お魚はフレンチフライが沢山のったステーキでした。
こちらも両方とも美味しそうでした。特にほほ肉のほうはすごく柔らかそうで、ナイフを入れると繊維がほろほろと分かれていく感じ。お肉ながらもさっぱりしていたんじゃないでしょうか。

それからこの間に登場したバゲットもかなりの美味しさ。自家製らしいという情報を仕入れていったので、パン好きの私としては、かなり楽しみにしていたのですが、塩味がぱちっと聞いていて、時間がたっても柔らかいフランスパン。焼きたての新鮮な香りに幸せになったのでした。

プチデザートはマンゴーとクリームチーズ(かな?フロマージュブランか、マスカルポーネかもしれない)で、夏!に尽きる、すっきりとした味わい。マンゴーにはまる私としては大満足だったのでした。それにコーヒーもいい香りで美味しかったなあ。ちょっとぬるめだったのは夏を意識した心遣い?でも私は暑くても熱いコーヒーが好きです。エスプレッソも選べるようでしたよ。

と、こんな感じ。
都会の騒がしさとビルの熱風を忘れられる素敵なひと時でした。
posted by Sleepyhead723 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(1) | restaurants and cafes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

best old days

大切な大切なお友達との再会。
突然舞い込んだ嬉しいお誘いでした。

g853800v.jpg

ちょっと素敵なフレンチのお店で待ち合わせ。
胸を躍らせていそいそと出掛けて、
その先にいた友人たちは知り合ってもう10年にもなろうかという人々。

昔はいつも毎日のように一緒にいたのに、
今ではいろいろな境遇のもと
みんながそれぞれいろいろなところにアンテナを伸ばし、
活躍している様子。
でも、みんな昔と全然変わりなくて
そのことに嬉しくて穏やかな笑顔がこぼれっぱなし。

久しぶりの薀蓄も聞けて
懐かしくて嬉しくてやっぱり笑顔がこぼれちゃって。


でも少しずつそれぞれの生活に変化があって、
仕事を頑張っている人だとか、
夫婦になった記念日の人だとか、
これから家族をもつ人だとかがいて
本当に自分のことのように嬉しくなる。

Gくん、Aさん、オメデトウ。
Kやん、Mさん、オメデトウ。


ここにはかけがえのない時間が流れているね。
安心できる場所がここにはあるんだね。

これからもずっと嬉しいことは一緒にお祝いして
つらいときは支えあっていけるといいね。
何にもないときにはくだらない話にけらけら笑いながらね。
posted by Sleepyhead723 at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | restaurants and cafes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカのお菓子〜TWIX〜

0813.jpg

アメリカのお菓子ってまだまだたくさん日本には入っていないものがあって面白いです。

そのひとつがTWIXで、私が愛するお菓子のひとつ。日本では売っていないと思います(どうでしょう?目撃情報があったら教えてください)。

キャラメルがたっぷり入りクッキー生地がチョコレートでコーティングされたキャンディーバーです。スニッカーズほどには重たくないと思います。甘いけれどね。


TWIX公式ページ

それで、ウェブページを見てみたら、なんとピーナッツバター味が出ていて、しかも、アイスクリームまである!!(mmmmTWIXをクリックしてみてください。)

特にアイスクリームにとっても惹かれてしまいました。アメリカにはキャンディーとして出たものがアイスクリームになっているケースは沢山あります。日本でも森永キャラメルが出したりしていますよね。

ちなみに英語でキャンディーと言うとき、日本でのいわゆる「飴」だけの意味ではなく、チョコレート類などの小分けされたものもすべて含みます。むしろ私の印象ではチョコレートを指しているのかというくらい、チョコレート系のものが多いです。チョコレート大好きなお国柄なんでしょうね。私のチョコレート中毒もアメリカに行ってすっかり進行してしまいました。もちろん本格派のカカオの沢山入ったちょっとビターなチョコレートが一番ですが、こういうジャンクフードも時々食べたくなります。

『チャーリーとチョコレート工場』など、今でもチャーリーが真剣にうらやましいです。
posted by Sleepyhead723 at 10:23| Comment(4) | TrackBack(0) | sweets | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

thunder storm

Early in the morning, it came along with darkness. It was awfully silent, a thunder storm just broke my sleep.

夏の嵐が好き。

あの何かがやってくる前の静けさ。
一気に暗くなる空。
過去と未来が入り乱れて、時空が裂けていきそうで
その隙間にいっそ吸い込まれてしまいそうで
息を飲む。

あ、降り出した。
もったいぶって降り出す雨は
いつだって土砂降りで、
外へ飛び出して一緒に泣きたくなる。
思わず、その瞬間が、
時間が止まって心臓の鼓動も耳に入らなくなる。

ひとしきり空は泣いた後
からっきし晴れる。
それはまるでまだ涙の乾かないうちに笑い出す
幼い少女のように
無垢であどけない。
思わず背筋が伸びてしまう
青空は、
そこにあるだけで安心をくれる。

空をのぞきたくなる。
透明に突き抜けていく光が呼んでいるから。
雑念を洗い流してくれたあとの
ご褒美みたいなもの。
真っ直ぐ上から降ってくる光は
疎ましい横からの
日常のうるさい理不尽な物質とは違う
裸の心に降る未来。

哀しみはいりません。
欲しいのは光だけ。
明日が来るのだという希望だけ。

It dissapeared before I knew. It was too bad that I lost the precious moment that the storm gave me. However, I can see the bright sunshine after that.
posted by Sleepyhead723 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | poems | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

BARBARA

昨日は久しぶりに妹とデート。
美術館に行こうといっていたのだけれど、あまりの暑さにひるんで、結局カフェでおしゃべり。マシンガントークとはこのこと?というくらい私の口は忙しかった。

カフェでは、本日のデザート(抹茶とゴマのチーズケーキ)を注文。

s0805 004.jpg

ベイクドタイプのもので、口当たりは焼き菓子にも近い感じだった。ほんのり抹茶とチーズが重なりあって優しい味のケーキ。

妹は、ティラミス風クレープ(カプチーノ味のアイスクリームがクレープに包まれていて、マスカルポーネがのっている)をチョイス。

s0805 005.jpg

こちらは、アイスクリームの冷たいのとクレープの温かいのが同時に楽しめる贅沢な一皿。マスカルポーネも生クリームとはまた違って濃厚な味で、リッチな気分だ。


おしゃべりのよいパートナーに。
女の子ってどうしてこんなにケーキでうきうきするのかな。
かかえている悩みなんかも優しく解けていく。

妹とそんな時間を楽しめて、姉妹でよかったなあと実感。
これからも時々こうやって一緒にケーキを食べにいこう。
posted by Sleepyhead723 at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | restaurants and cafes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

Happy Surprise Happy Birthday

昨日はうれしい驚きが二件。

ひとつめはお友達からお誕生日のお祝いにオルゴールが届いたこと。こんなにかわいいぶだちゃんなのです。

pig from Sachiko.jpg

ぶたちゃんを見て、私を思い出してくれたとか。そうそう、わたくしめは昔のブログのデザインをぶたにしていたほどぶたちゃん好きなのです。もちろん犬の次にね。オルゴールの曲がこれまた私の愛する「星に願いを」だったのも運命的でした。このぶたちゃんはきっと私のところへ来るべくして来たんだわ。そんなふうに思うと、この贈り物をおくってくれたお友達がいることを改めて奇跡のように感じ、心からありがたく感じるのでした。


ふたつめは別のお友達から久しぶりに電話をもらい、ゆっくり話せたこと。彼女にもいろいろありながらも、すごく近いタイミングで生活に変化があったりなんかしたことを聞き、なんだか神妙な気持ちになったのでした。


彼女らとは誕生日も近くて、同じ時空の流れの中をほんとになんだか一緒に生きてきたなーって感じがするのです。この世には一生出会えない人がほとんどなのに、そんな友人に会えたことだけで、本当に人生もうけもの。ただ時として、そんなことはすぐに忘れて、小さなことに一喜一憂してしまうから、きっとそのために誕生日は巡ってくるんでしょう。今年も去年も同じようなことを感じながらもその実感は高まっている気がします。

夏女がんばろ〜!

posted by Sleepyhead723 at 21:53| Comment(2) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。