2006年10月30日

1101

061029_1158~0001.jpg

祖母の三回忌なので、
地元は名古屋、徳川家の由緒正しい(らしい)興正寺の遍照殿という納骨堂に行ってきた。
こちらはお墓という形を好まない人用にきちんと骨壷を
35年間保管してくれ、管理をしてくれるというもの。
言わば、死後の老人ホームみたいなものだろうか。
時代も変われば、墓も変わるということか。

お布施を出して、お経をあげてもらう。
お焼香が目にしみて泣きそうになり、
なんとか我慢。

何かと大変だったおばあちゃんが亡くなって
早2年。
そうそう、亡くなって二年目のことを三回忌と言うそうだ。
知らなかった。
初七日を葬式が終わったその同日に、
便宜上行ってしまうというのも、
この世からあの世へ向かう仏様にとっては煙が御飯だからお通夜の時は決して絶やしてはいけないのだということも、
知らなかったなあ。

父方の祖母が亡くなったときは、まだ小学校一年生だったので、
知らないこともたくさんあって、
なんとなく感覚で人の死のことを知った。
ただ、やっぱりそれはひどく悲しいもので、
そしてお通夜、宴会、お葬式と三日三晩続くものだから
哀しみもむらがあって、
雲のようにもくもくと湧き上がってきては
煙のようにすっと消えていくのだなあと思っていた。


ばなな氏もいっていたが、

知らないでいて、いいことなんてひとつもない。

無知なことは悲しいことだ。

それだけで、人を傷つけたり、憎んだりすらしてしまうのだから。


かといって、経験しなくてもいいことは本当にこの世の中、山のようにある。

私のようなちっぽけな存在の、短い人生のうちであっても、知っておいても、経験せずにいられたらよかったことは、どれほどあることだろうか。

でも、それでもやはり、知っておかなくてはいけないだろう。
体験できないばかりに、理解できないようなことでも、知っておかなくてはいけないだろう。
学校に行って、勉強をするというのはそういうことだ。

人の気持ちが完全に理解できなくても、
理解しようとすることはできると思う。

やっぱり、知らなくていいことなんて、ひとつもないんだと思う。

静かにお経を聞き、冥福を祈りながら
そんなことを思っていた。
posted by Sleepyhead723 at 23:21| Comment(2) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

mont blanc

1020 012.jpg

久しぶりにお菓子を作った。
家の冷蔵庫に眠っていたさつまいもをたたき起こし
賞味期限の迫っていた草もちを再生させるべく
さつまいもをふかしてマッシュにし
ごまときな粉で隠し味をつけたら
ペースト状に。
輪切りにしたさつまいもの上に
草もちを乗せてオーブントースターで焦げ目をつけて
さつまいものペーストをしぼり
甘納豆をのせたら出来上がり!

秋の味覚で
美味しい和菓子が出来上がりました。
posted by Sleepyhead723 at 16:14| Comment(0) | TrackBack(10) | cooking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

銀杏の並木道

1013 001.jpg

銀杏ちゃんをいただいたので、お料理。

銀杏は大学の並木道にも植えられた木で

このシーズンになるとどこからか人が集まり、

並木道は銀杏を採取する人で溢れる。

適当な量を集めて、販売している人もいる。

(これはふつうに法律違反だろう)

私はもともと味も匂いも好きではなかったのだけれど

ひとつひとつの鬼皮をペンチで割っていくうちに

だんだん愛着がわいてきてぜひとも食べてみたくなった。



強めの塩で茹でて、おたまでくるくるすると薄皮が取れる。

柔らかくなったら冷水に落とせばきれいな翡翠色に。

この色が本当にきれいで

ペンチでちょこっと切った指のことも忘れ、

見入ってしまう。

自然が作った色はなんてきれいなんだろう。


さて、銀杏のお味はというと。

美味しかったです。

こどものころはもさもさ感やもっちりした食感が嫌いだったけれど

それがやめられなくなる。

素朴だけれど秋の味。

昔から人は季節の楽しみ方をよく知っているもので

こうした小さな発見は大いに私を驚かせてくれる。



秋といえばおいしいものの季節。

昨日はさんまを堪能した。

なしやぶどうも甘くてうれしい。

さつまいもやきのこなんかも素敵だし、

愛知県の名産であるいちじくなんかも大好きだ。

今日はお茄子をいただいた。

秋茄子は嫁に食わすなと言うが、

その差別的な文化背景はさておき、うなずけるものがある。

深まる秋、翡翠銀杏と肴に昼間の透き通るような高い空と夜長を楽しみたいものだ。
posted by Sleepyhead723 at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | cooking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

MUJIな生活

img_topleft.jpg

先日お知り合いのおうちにご招待を受けて、お伺いしてきた。

閑静な住宅街。新しい家々が並ぶ一角、かわいらしく、しかしシンプルで

かっこいいおうちが見えてきた。

なかに入ってみるとまずその明るさに感動。

いわば年中小春日和といった光なのだ。

空間を仕切らない住宅。

ここに住むことができるのは、さぞかしい仲のよい家族だろう。

もしくは、ここに住んでいる間に小さないざこざや争いは泡のように消えてしまうのかもしれない。

ご主人様の手打ちそばと

奥様の手作りピザはそんな家族にぴったりな

ベストな組み合わせ。

肩をはらないおもてなし。

おもてなしってこんなふうに気軽に出来て

こんなに楽しいものなのだなと実感。

デザートで出てきたチーズケーキも温かい家族の味がした。

日本だけでもごまんと溢れる家庭の一場面。

でもそのストーリーはすべて違っていて、

その一瞬一瞬が寒気がするほど幸せなものだ。

けんかも笑顔も涙も家族がいればこそ。

シンプルな幸せな生活はそんなものが贅沢につまっている。
posted by Sleepyhead723 at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | party | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

まわり道

まわり道をしてみようと思います。



小学生のころ、決められた通学路以外のところを通って

寄り道をして帰ると、

いつもより一本違うだけなのに、

景色はがらりと違って見えて、匂いもどことなく別物で、

少し不安なぞくぞくっとした気持ちがなんだかすごくわくわくして

嬉しくなったものでした。

いつから、あの気持ちを忘れちゃったのかな。

いつもまっすぐな道をできるだけ早く、人を追い越すように

自分と競争をするように、

とにかく早くつくということだけに集中して

周りの景色なんて分からなくなり、

ちょっとした微妙な変化にも気が付かなくなって

でも、こうして立ち止まったときにそれはそれは殺風景で寂しい色が広がっていたのでした。



「まわり道をしてみよう。」

今はそう気が付くことができた自分が

ちょっと前より好きです。

思っていたより悪くない。

考えていたほど怖くない。

そう感じている自分にぞくぞくわくわくしています。

何か新しいことが始まりそうな予感。

まわり道がいつか考えもしなかった新しい道につながっているのかもしれません。
posted by Sleepyhead723 at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | thoughts | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。