2007年05月24日

いもがうまい。

こちらへ来て、チャイニーズフードを食べる機会がぐっと増え、

脂を摂取する機会も激増、、なのだが、

気に入った一品がこちら。

DSCF0036.JPG

マレーシアではヤム芋はごく一般的な食材で、

スーパーや夜店でもよく見かける。

自分ではどのように料理していいのかいまいち分からないし、勇気も出ないのだが、

レストランで出会ったこの料理はさくさくですごく美味しい。

 

ヤム芋をつぶして煉って丸く壁を作った生地が揚げてあり、

その中にピーマンやたけのこ、たまねぎ、にんじん、ヤングコーンなど、季節の野菜をあんかけでからめたものをじゅっと流し込んである。

その名もフォーシーズン・ヤム。

揚げ物といえどもヘルシーな感覚を残した、彩のいい一品だ。

このヤム芋の揚げ加減がまたいい。

もともと粘りのある芋なので、揚げると衣はさくさくで、中はねっとりと

いい感じなのである。

この食感の違いを楽しめるのが最大の魅力だろう。

あとは甘酸っぱい広東風のソースが、その衣に絡んで

また違うしなっとした食感を作り出すから、おもしろい。

味と食感の変化を楽しめるお気に入りの一品になった。

posted by Sleepyhead723 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(1) | malaysian food | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

おかゆ食べたい

新天地においても、不健康なキャラとして定着しないでもない今日この頃。

先週末にはついに風邪を引いてしまった。

今回はひさびさに高熱も出たのでびっくり。

2日寝ていたが下がらず、

仕事も忙しくなるので観念して病院にいったところ

抗生物質をもらい、効いたので良かった。

薬飲みながら残業、である。

ふむむ、こんなんでいいのか、私?と早くも挫折気味。

 

というわけで、

熱帯でも風邪を引き、

そして熱が出た際には同じように寒気がすることを

学んだわけだが、

困ったのが食事である。

こちらの食べ物は脂っこいものが多いので

いわゆる病人に優しい食べ物が見当たらなかった。

自分で作る元気もやる気も尽きていた。

そこで助かったのが、ここの粥だ。

dsc00135.jpg 

日本の感覚でいえば、お惣菜屋さんという感じで

肉や魚、野菜や豆腐などたくさんあるお惣菜から

一皿ずつリーズナブルなプライスでオーダーできる。

だいたいRM3くらいからだから、100円強。

それら塩辛いものをおかずにして、お粥をすするわけである。

もっとも、それでも病人にはやはり塩辛すぎるわけではあるのだが、

まあ、ないよりはよい。

それにチャイニーズの普段のごま油のきいたチキンスープの味のする粥ではなく

白粥だから貴重である。

ちなみに私が好きなのは、塩辛く乾燥させた魚、ザーサイ、野菜の炒め物などなど。

たくさんあるのでとてもとても全部は試せていないけれど、

ちょっとずつ制覇していこっと。

でもここへ来たくなるのはちょっと疲れてるときが多いから

あんまり冒険したくないなーってなってしまうのも本心。

posted by Sleepyhead723 at 18:44| Comment(2) | TrackBack(0) | malaysian food | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

ブロンズウィーク

ここマレーシアでは先週メイデイと仏教の祝日であるウェサクデーが重なり
ゴールデンウィークとまではいかずとも
ブロンズウィークくらいのおやすみがあった。
残念ながら休みがぶつぶつ切れていたので、どこにいくこともなく、
よく食べたたべもの三昧なお休み。

dscf0030.jpg

こちらはお寺にいったさいに供されるベジタリアン料理。
私はとくに斎鴨という湯葉を揚げたものが大好物:写真左下
なのだが、そのほかにも小麦粉で作られたチャーシューとか、
タイ風から揚げもどきとか、
ベジタリアンカレーなどなどがあって
大満足だった。
ベジタリアン料理といえば
日本の精進料理の感覚から言えばヘルシーなのだが
概してこちらのものは肉の足りない風味を
なかば大量の油で補うというところがあるようで
かなりこってりとしたボリュームのある料理が出てくることになる。
調子にのって食べるとあとで食あたりにすっかり悩まされることとなる。

しかし、小懲りもなく、その帰り
ドリアンちゃんが売られているのを見つけそのまま2つも購入!
ふだんはパック入りのものを買うことが多いので
そのままでぱかっと割ったときは思わず興奮した。

dscf0031.jpg

そのあまみの強いこと。
強い故に苦みがあるほどなのだが、いままでのなかで
最高のドリアンのひとつだった。
ごちそうさま。

それから魚も食べた。
こちらではタイは地元のひとにとってはまだまだ高級魚だが
日本と比べると驚くほど安い。

dscf0039.jpg

ダイナミックに一匹ごと蒸すというのが一般的な料理法。
しょうがとパクチーで香りよく。
火を通しすぎないのがポイントだが、
本日のものはちょっと料理しすぎのようだったので残念。

よく食べ胃も体も疲れ気味。
休み明けには仕事がはかどらぬものだ。
が、まあいっか。
肩のちからぬいていきましょか。







posted by Sleepyhead723 at 14:00| Comment(2) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。