2006年12月22日

映画三昧

ご心配お掛けしましたが、あの悪夢のような頭痛はだいぶ回復に向かっています。
頭痛が始まると一歩も歩く気も、
何事もする気になれず、
眠ることさえままならず、
映画や本だってもちろんだめ。
それらを欲するようになるのはよくなった証拠でしょう。
メッセージを下さった皆さん、ありがとう。
 
 
さて、この休みの間を利用して
今まで観たかった映画をまとめて鑑賞中。
以前観た古いものからごくごく最近のものまで、ざっくばらんに観ている。
 
06m.jpg
 
相変わらず私は人物の心理状態を巧妙に描写した映画が好きだ。
それもちょっと常識者からは逸脱したような人物が出てくるものがいい。
 
結局人間というものに興味があって、
終始そこに問題意識があるものの、
最終的には分からないものというコンセプトに
限りない探究心をかきたてられ、と同時に脱力感をつきつけられる感覚が好きなのだ。
 
心とか愛とかっていう形のないものを求め、
その無形物であるという危うさにとてつもない魅力と不安がある。
物質的な現代に映るなんと皮肉なものなのだろう。
 
画像から絞り出されてくる俳優の表情やしぐさに心奪われつつ、
静かな時間が流れていく。
窓から忍び込んでくるそよ風を額に受け、
私はじっと箱を眺め、想いを巡らす。
posted by Sleepyhead723 at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。