2007年03月23日

バクテー!肉骨茶

私がマレーシアで出会ってはまった食べ物
 
第一弾はバクテー(肉骨茶) 
 
a1216 bak kut teh (5).jpg
 
名前は肉と骨とお茶?とかなりおっかないのだが、
中身は豚肉をたくさんの中国のハーブ、薬膳で煮込んだ中華系マレーシア人の朝食。
これをごはんと一緒にいただく。
土鍋に全ての材料をぶっこんで供されるものもあるが、
ここのお店のものは、スープとそれぞれの具材はセパレート。
 
これはマストという食材は
豚肉のあばら肉だろう。それに、内臓が美味しいという人もいる(私は苦手)。
あとはスープをしっかり吸い込んだしいたけと揚げた豆腐、つまり油揚げ、
それから麩、グルテンを揚げたものがさくさくしていてとても美味しい。
 
もちろん、ハーブの配合などお店によって異なっており、
いろいろ試していって自分のお気に入りのお店を見つけるのも楽しい。
バクテーは前述に朝食だと書いたが、これは
重労働をする人々のエネルギー源だった。朝から豚肉?!と驚いたのだが、
これならば理由もうなずける。
その上、スープでしっかり煮込んであるので、肉は柔らかく脂も適当に落ちていて案外食べやすい。
スープは薬膳の味がかすかにし、後味もすっきりである。
あまり胃にもたれない気がする。
 
最近ではやはりマレーシア、深夜にバクテーを出す店も多いようだが、
私が一番気に入っているのはやはり朝早く出かけていくもの。
それも口コミだけで広がっているような昔ながらお店のものがやっぱり格別。
新鮮な野菜と魚介類が手に入る朝市も併設されているので、
休日の早起きも苦にならない。
 
s0211 bak kuk teh.jpg
 
やはり時間帯のせいか、お客さんの平均年齢が高めなので、
ちょっと注目を浴びてしまうけれど。
でもこのバクテー、朝から売れていくので、
お昼ごろにはすっかり売れ残りのスープになってしまうので注意。
処変わっても早起きは三文の徳というわけだ。
 
【関連する記事】
posted by Sleepyhead723 at 13:42| Comment(2) | TrackBack(0) | malaysian food | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さっき,メールを送信してからこちらに久しぶりにきました。

このお料理はお茶と名前はついていてもスープですね。栄養があって体が温まりそうですね。一度、食してみたいものですね。

マレーシアの生活をエンジョイしてください。
Posted by 月岡 at 2007年03月24日 10:14
月岡先生コメントありがとうございました。

そうですね、これはお茶ではなく、お肉やら野菜がごろっと入ったスープです。遊びにいらっしゃる機会がありましたら、是非試してみてください。
Posted by sleepyhead at 2007年03月27日 13:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。