2007年05月24日

いもがうまい。

こちらへ来て、チャイニーズフードを食べる機会がぐっと増え、

脂を摂取する機会も激増、、なのだが、

気に入った一品がこちら。

DSCF0036.JPG

マレーシアではヤム芋はごく一般的な食材で、

スーパーや夜店でもよく見かける。

自分ではどのように料理していいのかいまいち分からないし、勇気も出ないのだが、

レストランで出会ったこの料理はさくさくですごく美味しい。

 

ヤム芋をつぶして煉って丸く壁を作った生地が揚げてあり、

その中にピーマンやたけのこ、たまねぎ、にんじん、ヤングコーンなど、季節の野菜をあんかけでからめたものをじゅっと流し込んである。

その名もフォーシーズン・ヤム。

揚げ物といえどもヘルシーな感覚を残した、彩のいい一品だ。

このヤム芋の揚げ加減がまたいい。

もともと粘りのある芋なので、揚げると衣はさくさくで、中はねっとりと

いい感じなのである。

この食感の違いを楽しめるのが最大の魅力だろう。

あとは甘酸っぱい広東風のソースが、その衣に絡んで

また違うしなっとした食感を作り出すから、おもしろい。

味と食感の変化を楽しめるお気に入りの一品になった。

posted by Sleepyhead723 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(1) | malaysian food | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

四日で50マン(笑)
Excerpt: オタクのドウテイキャラのフリして入ったら、やりまくりのもうけまくり(笑)
Weblog: 林田
Tracked: 2007-06-04 07:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。