2007年05月24日

いもがうまい。

こちらへ来て、チャイニーズフードを食べる機会がぐっと増え、

脂を摂取する機会も激増、、なのだが、

気に入った一品がこちら。

DSCF0036.JPG

マレーシアではヤム芋はごく一般的な食材で、

スーパーや夜店でもよく見かける。

自分ではどのように料理していいのかいまいち分からないし、勇気も出ないのだが、

レストランで出会ったこの料理はさくさくですごく美味しい。

 

ヤム芋をつぶして煉って丸く壁を作った生地が揚げてあり、

その中にピーマンやたけのこ、たまねぎ、にんじん、ヤングコーンなど、季節の野菜をあんかけでからめたものをじゅっと流し込んである。

その名もフォーシーズン・ヤム。

揚げ物といえどもヘルシーな感覚を残した、彩のいい一品だ。

このヤム芋の揚げ加減がまたいい。

もともと粘りのある芋なので、揚げると衣はさくさくで、中はねっとりと

いい感じなのである。

この食感の違いを楽しめるのが最大の魅力だろう。

あとは甘酸っぱい広東風のソースが、その衣に絡んで

また違うしなっとした食感を作り出すから、おもしろい。

味と食感の変化を楽しめるお気に入りの一品になった。

posted by Sleepyhead723 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(1) | malaysian food | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

おかゆ食べたい

新天地においても、不健康なキャラとして定着しないでもない今日この頃。

先週末にはついに風邪を引いてしまった。

今回はひさびさに高熱も出たのでびっくり。

2日寝ていたが下がらず、

仕事も忙しくなるので観念して病院にいったところ

抗生物質をもらい、効いたので良かった。

薬飲みながら残業、である。

ふむむ、こんなんでいいのか、私?と早くも挫折気味。

 

というわけで、

熱帯でも風邪を引き、

そして熱が出た際には同じように寒気がすることを

学んだわけだが、

困ったのが食事である。

こちらの食べ物は脂っこいものが多いので

いわゆる病人に優しい食べ物が見当たらなかった。

自分で作る元気もやる気も尽きていた。

そこで助かったのが、ここの粥だ。

dsc00135.jpg 

日本の感覚でいえば、お惣菜屋さんという感じで

肉や魚、野菜や豆腐などたくさんあるお惣菜から

一皿ずつリーズナブルなプライスでオーダーできる。

だいたいRM3くらいからだから、100円強。

それら塩辛いものをおかずにして、お粥をすするわけである。

もっとも、それでも病人にはやはり塩辛すぎるわけではあるのだが、

まあ、ないよりはよい。

それにチャイニーズの普段のごま油のきいたチキンスープの味のする粥ではなく

白粥だから貴重である。

ちなみに私が好きなのは、塩辛く乾燥させた魚、ザーサイ、野菜の炒め物などなど。

たくさんあるのでとてもとても全部は試せていないけれど、

ちょっとずつ制覇していこっと。

でもここへ来たくなるのはちょっと疲れてるときが多いから

あんまり冒険したくないなーってなってしまうのも本心。

posted by Sleepyhead723 at 18:44| Comment(2) | TrackBack(0) | malaysian food | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

ブロンズウィーク

ここマレーシアでは先週メイデイと仏教の祝日であるウェサクデーが重なり
ゴールデンウィークとまではいかずとも
ブロンズウィークくらいのおやすみがあった。
残念ながら休みがぶつぶつ切れていたので、どこにいくこともなく、
よく食べたたべもの三昧なお休み。

dscf0030.jpg

こちらはお寺にいったさいに供されるベジタリアン料理。
私はとくに斎鴨という湯葉を揚げたものが大好物:写真左下
なのだが、そのほかにも小麦粉で作られたチャーシューとか、
タイ風から揚げもどきとか、
ベジタリアンカレーなどなどがあって
大満足だった。
ベジタリアン料理といえば
日本の精進料理の感覚から言えばヘルシーなのだが
概してこちらのものは肉の足りない風味を
なかば大量の油で補うというところがあるようで
かなりこってりとしたボリュームのある料理が出てくることになる。
調子にのって食べるとあとで食あたりにすっかり悩まされることとなる。

しかし、小懲りもなく、その帰り
ドリアンちゃんが売られているのを見つけそのまま2つも購入!
ふだんはパック入りのものを買うことが多いので
そのままでぱかっと割ったときは思わず興奮した。

dscf0031.jpg

そのあまみの強いこと。
強い故に苦みがあるほどなのだが、いままでのなかで
最高のドリアンのひとつだった。
ごちそうさま。

それから魚も食べた。
こちらではタイは地元のひとにとってはまだまだ高級魚だが
日本と比べると驚くほど安い。

dscf0039.jpg

ダイナミックに一匹ごと蒸すというのが一般的な料理法。
しょうがとパクチーで香りよく。
火を通しすぎないのがポイントだが、
本日のものはちょっと料理しすぎのようだったので残念。

よく食べ胃も体も疲れ気味。
休み明けには仕事がはかどらぬものだ。
が、まあいっか。
肩のちからぬいていきましょか。







posted by Sleepyhead723 at 14:00| Comment(2) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月30日

わたくし、最近こんな感じです。

久しぶりだー。っていうか、時間の経つ速度が加速中。
ほぼ一ヶ月ぶりの書き込みです。
この一ヶ月はだだーっと仕事三昧。
なーんていうほどまだ中身があるわけでもなく。


かといって、日本にいるときより
勤務時間が増えたのは確か。
平均毎日12時間の拘束。

しかもここは完全サービス残業体制が整っているのだ。
そんなもんかー。
そんななかでどれだけ仕事じゃないことを考えるか。
12時間の時間的拘束に加え、
頭の中はぼーっと仕事のことばかり考えてる。
あ、これ使えるなーとか、
こんな感じはどうかなとか、
あれはまずかったなーとか。
サラリーマンてこういうことか。

 

そんな中で、友達とのおしゃべりの時間はまったく違うことを考えられるので
やっぱりありがたい。
DSCF0020.JPG

 

先週末は、またもや、
いや今度は違う場所で蟹であった。
このブログでは登場回数が多いものの、実のところ私は蟹のファンではない。 
どちらかというと海老派。
本当は魚好き。

それから、少し珍しいオーストリア料理というのも食した。
お店のおっちゃんが変わり者で、
気分と場の雰囲気を害された以外は、まあよかった。
味は別に悪くないんだけれど、お客は少なかった。
彼らは豚好きらしい。
私はじゃがいもとソーセージとザッハトルテくらいの知識しかなかったが、
もう少し立ち入ってみると面白そうである。 
 

好きな料理もあんまりできなくなったのだか、
今週末はバナナシェークとスープ・ミー(麺のこと)を作った。
こちらは外食が安いというのがありがたいのだが、
油と砂糖の使用量も半端ではないため、
今後の体調管理が不安である。
野菜を摂ろうにも、油が勝る。
湯引きのあとは油が注がれるのだ。
日本のおひたし文化のすばらしさよ。

これからはひたすら自宅でサラダだ。
 
なにはともあれ、ディナーは楽しかった。
ストレス解消のコツは
面倒くさがらずに外出せよ、だろうかと

実感する日々である。
posted by Sleepyhead723 at 20:06| Comment(7) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

マレーシアでもたこ焼き

先週末はお友達の家で
たこ焼きパーティー。
 約10年ぶりでたこ焼きを家で作った。
関西出身のNちゃんのおかげで大成功。
当の本人は納得がいっていなかったみたいだけれど
たっぷり多めの油で揚げるように焼いているので
表面がぱりぱりで美味しかった。
 ねぎ焼きには大根おろしにあじぽんが合うのだ。
これには今後も結構はまりそう。
またやろう〜! 
 
はてさて、私のさいきんの生活はというと、
すっかり様変わり、である。
しかも毎日やたらと疲れる。
とにかく何にもしなくてもいいから寝たい。
まだいろいろと慣れてないからというのもあるし、
まだ自分の思うように仕事ができないからだろう。
料理も掃除も洗濯も思うようにできなくなった。
 
あーなんだか浮き足立ってるな。
はやく落ち着きたいっていつも言ってるような・・・。
いや、いつも大真面目なんですけどね。

やば、久々の日記なのに愚痴っぽくなってきたな。
のでここらへんでやめときます。
 
また書きますです。
posted by Sleepyhead723 at 17:36| Comment(4) | TrackBack(0) | cooking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月31日

遠くで桜を想う

image sakura.jpg
 
春だからかな、なんだか体が重たいのは。
春だからかな、なんだか少しだけ気持ちが沈むのは。
 
春には、新しいことが始まります。
新しい人に出逢ったり
新しい発見をしたりするわけです。
ついこの間のちょっぴりさみしい別れも
もう大丈夫かなって思えるくらいになってきた頃だし。
 
あれ、ここには春はないのに。
ここには春は来ないのに、どうしてでしょうか。
春が来ない場合はどうしたらいいのでしょうか。
どうやって気持ちを作ればいいのかな。
どうやってアタラシイを迎えたらいいのかな。
桜の咲かないこの場所で、
どうやって春を愛でたらいいのでしょう。
春の中で息をすればいいのでしょう。
 
準備ができないでいます。
たぶんここに春が来なかったから。
 
十分にさ、してあげられてない気がするんです。
ちゃんとちゃんと考えているのか。
あるいは考えないようにしているのか。
 
それでもさ、毎日毎日考えています。
どうしたら十分にやさしくできるか。
どれだけ十分に大切に扱うことができるか。
主には時間のこと。
自分のこと、自分の周りにいる人たちのこと。
 
私は与えるばっかりがいいと思う。
求めることにはきりがないから。
見返りを期待しているくらいだったら、
もっとももっと与えなければだめだと思う。
出し惜しみは一番もったいないのだから。
 
桜は与えるばっかりだなと思うので
あこがれます。
桜に逢いたいな。
今夜はどうしても逢いたいな。
 
posted by Sleepyhead723 at 21:56| Comment(18) | TrackBack(0) | thoughts | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

かにかにかに?

先週末はお友達と近くのチャイニーズレストランRobson Heigts Seafood Restaurantでディナー。
ここはKLでは、中の上くらいの中華レストランといったところだろうか。
いつも混んでいる。
今回の目的は蟹。
 
そう、何を隠そう、マレーシアは蟹が安いのだ。
上海蟹系?のもの。
(ようするにマツバガニのように足が長いものではないということ。)
1キロで1500円くらいである。
もっとも以前は1000円いかなかったほどらしいので驚きである。
蟹に目がない!というわけではない私でも食べてもいいなと思う。
 
s0201 Robson HeightsSeafood restaurant.jpg
 
日本の茹でる、焼くかにとはちがって、
こちらでは炒めたり、ソースが絡まっていることが多い。
sweet&sourとか、
本当に、酔っ払うんじゃないかっていうくらいの紹興酒のスープで煮たdrunken crabsなどがある。
 
今回はそちらをオーダー。
このスープ、本当にものすごく甘いお酒の味が強烈にするので、
正直私は最初抵抗があったが、
だんだんこちらの味に慣れてくるから不思議なものである。
それに、こうした生姜とお酒をたっぷり使った料理法は
女性の産後の食事にいいんだとか。
体の中に溜まった空気を追い出す作用があるらしい。
体も温まりそうだし、日本の冬にはこういうのもいいかもしれない。
 
もう一つのはソースのからんだ一品で、
小さな海老やら数種類のスパイスがぴりりと効いたもの。
(名前忘れちゃいました。)
美味しいんだけれど、
なんでもたれつきのまま、かぶりつかなくてはいけないので
手が汚れる汚れる。
 
結論:
蟹はデートや接待には適さない!
 
でもまあ、ゆっくり食べながら
ぺちゃぺちゃおしゃべりして、
お茶をのんで、もっとおしゃべりして、
そんなのにはとってもよい。
 
楽しかったです。ありがとう。
 
次はたこ焼きパーティー♪
posted by Sleepyhead723 at 14:44| Comment(4) | TrackBack(0) | restaurants and cafes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

バクテー!肉骨茶

私がマレーシアで出会ってはまった食べ物
 
第一弾はバクテー(肉骨茶) 
 
a1216 bak kut teh (5).jpg
 
名前は肉と骨とお茶?とかなりおっかないのだが、
中身は豚肉をたくさんの中国のハーブ、薬膳で煮込んだ中華系マレーシア人の朝食。
これをごはんと一緒にいただく。
土鍋に全ての材料をぶっこんで供されるものもあるが、
ここのお店のものは、スープとそれぞれの具材はセパレート。
 
これはマストという食材は
豚肉のあばら肉だろう。それに、内臓が美味しいという人もいる(私は苦手)。
あとはスープをしっかり吸い込んだしいたけと揚げた豆腐、つまり油揚げ、
それから麩、グルテンを揚げたものがさくさくしていてとても美味しい。
 
もちろん、ハーブの配合などお店によって異なっており、
いろいろ試していって自分のお気に入りのお店を見つけるのも楽しい。
バクテーは前述に朝食だと書いたが、これは
重労働をする人々のエネルギー源だった。朝から豚肉?!と驚いたのだが、
これならば理由もうなずける。
その上、スープでしっかり煮込んであるので、肉は柔らかく脂も適当に落ちていて案外食べやすい。
スープは薬膳の味がかすかにし、後味もすっきりである。
あまり胃にもたれない気がする。
 
最近ではやはりマレーシア、深夜にバクテーを出す店も多いようだが、
私が一番気に入っているのはやはり朝早く出かけていくもの。
それも口コミだけで広がっているような昔ながらお店のものがやっぱり格別。
新鮮な野菜と魚介類が手に入る朝市も併設されているので、
休日の早起きも苦にならない。
 
s0211 bak kuk teh.jpg
 
やはり時間帯のせいか、お客さんの平均年齢が高めなので、
ちょっと注目を浴びてしまうけれど。
でもこのバクテー、朝から売れていくので、
お昼ごろにはすっかり売れ残りのスープになってしまうので注意。
処変わっても早起きは三文の徳というわけだ。
 
posted by Sleepyhead723 at 13:42| Comment(2) | TrackBack(0) | malaysian food | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

着いたぜ、マレーシア!

香港からの乱気流にめげることなく、出発から実に13時間後にクアラルンプール国際空港に到着。
今までに何度も訪れている土地なのに、
今回はなんだか少し違っている気分。
そうだ、私この土地に住んで働くんだな。
気が引き締まる思いがした。
 
日本の自宅を出たときの推定気温は−2度ほど。
KLに着いたときは午後7時をまわっているにも関わらず32度。
なんと実に34度の温度差だ。
途中21度という香港を挟んだものの、
今まで重ね着重ね着でしのいでいた寒さが一気に熱気に変わり、汗が額を流れるから不思議なものである。
降り立ったときの第一声は言わずもがな「あつーい!」だった。
 
a0318 010.jpg
 
日本の友人にさようなら。
マレーシアで出来た友人に、ただいま。
 
私はこれからこの二つの国をまたいで生活していくことになるんだ。
まだまだ実感は沸かないけれど、
ふと気がついたときは
ここでなんとなくうまくできているくらいだったらいいと思う。
何事も自然体で、シンプルに。
ちゃんとしたものを食べて
よく眠り
よく笑って
そんな風にしていたい。
 
新しい生活よ、こんにちは。
posted by Sleepyhead723 at 15:15| Comment(8) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

食べ収め

旅立ちの前に食べ収めておこうといろいろな料理を作った。
今月のまとめ。
 
まずは3日のひな祭り。
お雛様は年々小さくなり、数も減っているが、やっぱりお節句のちらしははずせない。
0303 002.jpg0303 003.jpg0303 006.jpg
 
それに蛤のおすましとひじきの煮物でしっとりとお祝い。
鶯豆でつくったきな粉、うぐいす粉をまぶした鶯餅の柔らかいこと。
歳はとってもひな祭りはいいものである。
 
今月は冬が舞い戻りやけに寒かったので、シチューなどの煮込みスープ料理が増えた。
0309 001.jpg
 
それにビーフシチューでこんな試みもした。
まずは濃い目かな〜?っていうくらいのビーフシチューを作り、
パンをくりぬいて入れ、
チーズをのせて、とろっと解けるまでオーブントースターで焼く。
0313 007.jpg
 
うわー、おいしそう!!
私は昔からスープに目がなく、ポットパイなるものを愛してきたのだけれど
それが家でもできるということが感動だった。
しかもシチューが濃い目なのがまたおいしく、
砦を壊しながら、わいわい言いながら食べるのもとても楽しかった。
 
母が和食全般が得意のため、私が料理をするのは洋食になることが多いのだが、
この日はイタリアン。
ニョッキはクリームソースだよね、ということで、もう一品のパスタはトマトソース、
オリーブを入れてプッタネスカ風に。
ちなみにニョッキには、胡桃を炒ってから入れ
歯ざわりのアクセントに。
付け合せはアボカドと豆腐のディップと
水菜のサラダ。
ディップは栗原はるみさんのレシピをアレンジした。
トルティーヤチップスはなかったので、セサミブレッドを薄く切って代用したがこれが大正解。
 0309 005.jpg
 
朝食用にとスコーンも焼いてみた。
今回はあえてプレーンで。
というのも、その前日にいったカフェで隣の人が食べていたものがとてもおいしそうだったから。
思い思いにジャムやクロテッドリームなどを添えて。
0313 001.jpg 
 
あとはソーダブレッド。
こちらは全粒粉とオートミール、薄力粉の割合を1:1:1にし、
ノンオイルにして、ヘルシーに。
かなり存在感のある焼き上がり。
食べ応えもあるが、やはりイースト発酵のパンではないので
ぽろぽろと口のなかでほどける食感である。
0313 006.jpg 
 
こうしてみると日本食を食べ収めるはずが、
けっこう洋食が多くなってしまった。
もっともクリームシチューなどは
日本食ともいえるほど家庭に浸透しているといえるだろうけれど。
 
かといって、写真撮影をしてここにのせるまでもなかった
くるみ小夜子や、白菜のお漬物、
なすの煮びたしや湯豆腐といった
ごくごく普通の家庭の味こそが日本の家庭の味であり、
離れていると懐かしくなるのだろう。
 
気の済むまで思い存分とはいかなかったけれど
美味しく楽しむことができた。
マレーシアの食文化もいろいろと面白いので、
少しずつ習得していきたいと思う。
もちろん、マレーシアにてどんな日本食を作るかというのも
これから心躍るテーマである。
posted by Sleepyhead723 at 13:52| Comment(2) | TrackBack(0) | cooking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。